施工事例 » 某宿の露天風呂嵩上げ工事

某宿の露天風呂嵩上げ工事

詳細

施工
リフォーム
施主
某宿
種類
露天風呂の嵩上げ工事
施工部位
露天風呂

特徴

省エネのため、温泉の量を減らすためです。この宿のお風呂の深さは、60~70cmあったので、一般的なお風呂の深さ50~60cmにしました。
洋風バスは大体45cmです。

奥飛騨では、温泉は、浴用だけではなく、温泉熱を暖房や給湯、融雪などに有効利用しています。